避妊ピル

  • HOME
  •  » 避妊ピル

避妊ピル

避妊ピルの料金表

種類
価格
マーベロン
1シート
2,000円
トリキュラー
1シート
2,000円
72時間有効
アフターピル
9,000円
(服用指導+薬代)
ノルレボ
15,000円
(服用指導+薬代)
120時間有効
アフターピル
15,000円
(服用指導+薬代)
月経日の移動
(トラベルピル)
5,000円
(服用指導+薬代)


オンライン処方はこちら

スマホやネットがあれば、オンライン診療、オンライン処方が可能です。
時間の余裕がなく、アフターピルなどでお急ぎの方には「速達」で即日発送、自宅まで出来るだけ早く郵送します。

マーベロン:第二世代一相性の避妊ピルです。安定しているので、月経前症候群、ニキビなどにも効果的です。価格も安く処方できます。pms(生理前の不快感)、ニキビなどにも効果的で効き目があります。
トリキュラー:第二世代の3相性の避妊ピルです。
ホルモン量が少ないので、マーベロンが合わない、マーベロンで副作用が出る方にお勧めです。
ノルレボ:定番の緊急避妊薬。1錠タイプなので飲み忘れはありません。
価格がやや高いですが、安心を求める方にお勧めです。72時間以内で有効です。
効き目はセックス後72時間以内であれば、95%の確率で確実に避妊できます。
プラノバールなどを流用するヤッベ法とは違いますので、「吐き気」、「実際に吐く」などの副作用の心配なく、安心して内服できます。
72時間有効アフターピル:ノルレボのジェネリックです。
価格は安いですが、内容の成分はノルレボと全く同じです。
つまり値段的に安いですか、肝心の避妊効果はノルレボと一緒です。避妊効果は変わりません。
プラノバールなどを流用するヤッベ法とは違いますので、「吐き気」、「実際に吐く」などの副作用の心配なく、安心して内服できます。
120時間有効アフターピル:エラという新しいアフターピルです。
性交後120時間(5日以内)まで有効。ノルレボ、ノルレボジェネリックでは72時間を過ぎ、時間的余裕がない方にお勧めです。
ラノバールなどを流用するヤッベ法とは違いますので、「吐き気」、「実際に吐く」などの副作用の心配なく、安心して内服できます。

※当クリニックで扱っているピルには値段の高いピルも安いピルもあります。値段の高いものでも安いものでも効果は変わりません。
※上記金額には消費税がかかります。
※場合により、診察料がかかることがございます。

処方を希望される前に

以下に該当する方は、処方は出来ません。

1、未治療の高血圧(血圧180以上)
2、糖尿病(空腹時血糖150以上)
3、前駆症状のある片頭痛(目の前がキラキラする、物が歪んで見えるなど)
4、体重80キロ以上
5、タバコ1日20本以上
6、これ以外の重い病気がある方

ピルオンライン処方

ピル、アフターピルが日本全国のご自宅に届きます!

スマホやPCがあれば、待ち時間も交通費もゼロでプライバシーを保ったまま、ピル、アフターピル(緊急避妊用ピル)がご自宅に郵送されます。
お急ぎの方は速達で郵送します。個人輸入、ネット通販とは違いますので、産婦人科医師の適切なアドバイスのもと、安心してピルを処方してもらうことができます。

アフターピルなどで緊急を要する場合、「速達」で配送します。「ご自宅」で、「早く」、「確実に」受け取ることができるので便利です。
ネット通販とは違いますので、産婦人科医師の適切なアドバイスのもと、自宅で失敗無く、安心、安全、確実にピルをオンライン処方してもらう事ができます。

アフターピル(緊急避妊用ピル)は、妊娠を望まないセックス、コンドームの失敗などの後、72時間以内に内服しなければ効果は確実ではありません。
ところが土日や休診日、お仕事などで時間内に入手できず、内服できなかったら、最悪、妊娠してしまう可能性をずっと考えてしまい、次の生理が来るまで毎日不安の中で過ごさなければなりません。最悪妊娠してしまったら人工妊娠中絶手術を受けなければならず、高額な費用もかかり、心に傷を負ってしまいます。

アフターピル(緊急避妊用ピル)は、緊急を要しますので、その場合は「速達」を選択すれば、即日発送、お住まいの地域により、最短では当日にお受け取りが可能となります。
内服まで72時間以上たってしまうかもしれない場合は、エラという新しいアフターピルがあります。エラは120時間まで、効果が持続するので、内服が少し遅れても大丈夫です。

待ち時間「無し」です

病院、婦人科、産婦人科、レディースクリニックなどで他人の眼を気にしながら、長い間待っている必要はありません。
自宅にいながら、ピル、アフターピルを産婦人科医師から直接オンライン処方、郵送してもらうことができます。
交通費はなし、待ち時間もなしです。

「コンドームなしで性交渉した」「セックスの途中からコンドームをつけた」「コンドームが外れてしまった」「コンドームに穴が開いていた」などの場合、望まない妊娠、中絶を回避するために、避妊ピル、アフターピル(緊急避妊薬)を内服する必要があります。
日本では、避妊ピルでさえ一般的では無く、アフターピルはほとんど処方されていないのが現状です。また、地方の小さい町には、産婦人科が1-2軒ほどしかないことが多く、そこに受診したら、すぐに町の噂になってしまうのが嫌で、受診をためらってしまう事もあるかもしれません。
日本以外ではピル、アフターピルは普通に薬局で買える国が多く、それでも安全性に問題を生じている事は殆どありません。
望まぬ妊娠、中絶を避けるためにも、オンライン処方で、速達配送で、薬をなるべく早く内服できる事が大事です。
送料は6シートで無料です。それ以下の場合は100円です。
郵送料は、6シート以上の場合、当クリニックが負担します。

送料は6シートで無料です

当クリニックの産婦人科医師とのメール相談も無料です。

ピル使用中のオンライン相談は無料です

通販とは異なりますので、当クリニックの産婦人科医師がメールで的確なアドバイスを送ります。
お気軽にスマホでメールをお送りください。

当クリニックの医師のアドバイスを受けながら自由に選べます

産婦人科医師のアドバイスメールの下、ピルの種類や処方数は自分で選べます。
1シートから6シートまでピル、アフターピルを郵送(オンライン処方)します。

オンライン相談で、何かの問題があると当クリニックの医師に判断された女性には、地元の病院、産婦人科、婦人科、レディースクリニックを直接受診されることをお勧めします。
健康状態も良好で特別な問題のない方には、全国どこでも1シート2000円で低用量ピル、1シート9000円でアフターピルのオンライン処方(郵送)が可能です。

当クリニックのアフターピル(緊急避妊用ピル)は、プラノバールなどの中容量ピルを流用するヤッベ法ではありません。ですから吐気、吐く心配もなく、安心、安全に内服する事が出来ます。アフターピル内服後、いつも通りに生理が来たら、妊娠にしなかったということで、避妊成功です。もう大丈夫です。

忙しくて病院、産婦人科、婦人科、やレディースクリニックを受診する時間がない、遠方でなかなか受診できないなどの患者さんや、再診するのに抵抗感のある患者さんは、スマホやネットで遠慮なくお知らせください。
郵送先は、ご自宅あるいはそれ以外でも指定可能です。
使用中に質問、疑問があれば、スマホのメールで質問することも可能です。
低用量ピル、アフターピルに関するスマホメールでのご質問には、無料でお答えします。
遠方の患者さんや、受診するのをためらっている患者さんも、ぜひ一度当クリニックのオンライン処方にトライしてみてください。


オンライン処方はこちら

オンライン処方は、薬の個人輸入や通販とは異なります

オンライン処方は、当クリニックの産婦人科医師に使用が問題ないと診断されたかたに限らせていただきます。
他人になりすまし、あるいは自分で使用する目的以外の再販目的などの虚偽の申告などが明らかな場合はオンライン処方できません。

また、健康に重大な問題がある方にはオンライン処方できません。
この点は、誰にでも販売する個人輸入、通信販売などとは異なります。
ピル、アフターピルそのものは産婦人科医師の適切なアドバイスメールの下、使用するのであればきわめて安全です。
個人輸入や通販での使用は危険を伴います。
トラブルで一番怖いのが副作用です。個人輸入、ネット通販では、全てが自己責任となり、リスクを負わねばなりません。飲み方がわからないなど、不安、失敗も多く、安心、安全には使えません。

産婦人科医師の適切な指導の基に使用していれば、副作用がでたとしてもそれに対して十分な知識が得られますので、スムーズな対応が可能です。

しかし個人輸入や通販ではそういったサポートが得られません。
また、通販や個人輸入で購入した場合、高い確率で偽造品が流通しています。
そのような薬品を使用した場合、知らないうちに健康を害してしまうかもしれません。
全く薬効成分が含まれていない、薬効成分以外の不純物などが混入している場合などが考えられます。
それで健康被害を生じても誰に訴えることもできません。
また、ピル、アフターピル使用中、万が一(偽物などの場合に限らず)トラブルがあったとしてもあくまで自己責任になり、その場合業者との交渉など全て自分でしなければいけません。
その点を踏まえた上で判断してください。

オンライン処方で、使用中に疑問があれば、いつでもスマホでメールをお送りください。
当クリニックの産婦人科医師が、メールで質問にお答えします。
副作用などが気になるときは、当クリニックの産婦人科医師がアドバイスいたします。
また、スマホのメールで解決できない問題があれば、地元の病院、産婦人科、婦人科、レディースクリニックを受診してみてください。


オンライン処方はこちら

オンライン診療

オンライン診療の流れ

オンライン診察を希望される方に、スマホやパソコンなどの、テレビ電話システムを用いてオンライン診療を行います。
※オンライン診察には、別途5,000円の料金がかかります。
当クリニックでオンラインでの診察を希望される場合には以下のような流れになります。

1)予約:予約ページより、前日までにご予約をお取りください。
2)Skypeの準備:予約時間の10分前には静かな場所でSkypeの準備を整えてください。
3)オンライン診療:当クリニックの医師よりSkypeにてご連絡いたします。
4)お支払いは銀行振込です。メールにてオンライン診察料の5,000円と処方料の合計金額の振込先をご案内いたします。
5)処方薬の郵送:お支払い後、処方薬を郵送いたします。

推奨環境について

(iPhone)
iOS9.3以降のiPhone、iPad、iPodtouch
ネットワーク環境:実効速度2Mbps以上、10Mbpsを推奨

(Android)
AndroidOS4.4以上の端末
ブラウザ:GoogleChrome最新版
ネットワーク環境:実効速度2Mbps以上、10Mbpsを推奨

(PC)
OS:GoogleChrome最新版が作動するWindows、Mac、Linux搭載のパソコン
ブラウザ:GoogleChrome最新版
ディスプレイ解像度:1920×1080以上
ネットワーク環境:実効速度2Mbps以上、10Mbpsを推奨最初はオンライン相談から

オンラインで対応可能な診察内容一覧

日本全国どこへでもピル、アフターピルの郵送をいたします。

ご利用上のご注意

火曜日の午後・水曜日等、連絡が付きにくい時間帯がございます。予めご了承ください。土曜日・日曜日も発送を行っておりますが、配達業者の都合で到着までに時間がかかることがございます。

ピルについて詳しくはこちら

アフターピルについて詳しくはこちら

ピルオンライン処方の歴史

オンライン診察は既に世界では広まってきているシステムですが、日本ではあまりなじみがありませんでした。
しかし、遠隔診療通知が厚生労働省から平成9年12月24日に出され、遠隔治療の基本的考え方として「直接の対面診療による場合と同等ではないにしてもこれに代替し得る程度の患者の心身の状況に関する有用な情報が得られる場合には、遠隔診療を行うことは直ちに法に触れることにはならない。」となりました。
その後、厚生労働省による平成27年の「遠隔診療事務連絡」では、遠隔診療が実施できる「地理的範囲」、「対象となる疾病」、及び「場合(初診対面診療が必要かどうか)」が具体的に示され、遠隔診療が可能な範囲はかなり広いものである、という認識が広がりました。

これにより、最近では、既に多くの医療機関がオンライン診療、オンライン処方を導入し始め、徐々に患者さんの認知度も上がってきております。

ところが実際には、この流れ以前にも、オンライン診察、処方を行っていたクリニックがあります。愛知県にある宮川クリニックです。
10年ほど前の朝日新聞の記事によると、宮川クリニックの宮川院長は「オンライン処方」と題したホームページ(HP)を開いて、当時からオンライン処方を行っていたようです。
当時の記事では宮川院長は医師法違反で、法律に反するといったような扱いでしたが、現在に至るまで宮川クリニックはオンライン処方を継続し、保健所、国などから何等の処分も受けておりません。
今となっては、厚労省のオンライン診察、処方への見解も全く変わってきていますので、宮川院長の宮川クリニックを含め、オンライン処方を行う医療機関は、現在となっては適法に処方を行っていることになります。

受付時間
10:00-13:00××
15:00-18:00××××

日曜の診療は午後17:00迄(受付16:30迄)です。午前の診療受付は12:30迄(火・木は12:00迄)です。

セントベビークリニックセントベビークリニック公式フェイスブックセントベビークリニック公式ツイッター

不妊治療専門クリニック|北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地 札幌時計台ビル2階