不妊治療の助成金助成金についてご説明します。

  • HOME
  •  » 不妊治療の助成金

不妊治療の助成金について

セントベビークリニックは、特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。助成金をかしこく使って妊娠し、幸せをつかんでください。

体外受精、顕微授精は保険適応外で、医療施設によって料金が異なります。
最先端の医療に必要となる設備機器は高額で、消耗品関連も高価です。
これらにより不妊治療は”高額”というイメージがあると思います。

セントベビークリニックは、札幌、北海道、その他の自治体の特定不妊治療費助成事業の指定医療機関ですので
お住まいの自治体に助成金を申請することが可能です。
初めて助成金を利用する方は、30万円が補助されますので、
経済的負担が少なく体外受精、顕微授精を受けることができます。
また、北海道からの助成の他に、市町村で独自に追加助成を行っている
自治体もあります。

助成金の制度は、都道府県または市町村が独自に実施しているものですので
自治体により、助成の内容や対象条件が異なります。

詳細については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

助成金の申請の仕方

セントベビークリニックで妊娠判定の日に受付から特定不妊治療費助成事業受診等証明書をお渡しいたします。
この用紙と領収書とその他必要な書類を用意し、申請を行ってください。

申請は1回の治療が終了してから行います

1、当クリニックで採卵してそのまま新鮮胚移植をした
→15万円まで

2、当クリニックで採卵後、胚凍結して、その胚を融解胚移植した
→15万円まで

3、当クリニックで以前に凍結してあった胚を融解胚移植した
→7万5千円まで

4、当クリニックで採卵して胚を凍結したが、体調不良等により移植のめどが立たず終結した
→7万5千円まで

5、当クリニックで採卵したが、受精できず、又は胚の分割停止、変性、異常授精等で胚凍結、移植ができなかった
→7万5千円まで

6、当クリニックで採卵したが卵が取れなかった、または状態のよい卵が得られないため移植も凍結もできなかった
→7万5千円まで

セントベビークリニックからの領収書を集めておきましょう

原本のみ有効です。
レシートは使用できません。
治療期間内に発行された10割負担の領収書全てが必要です。

ご夫婦の前年の所得額を証明する書類(市・道民税証明)が必要です

(1月から5月の間に行う申請の場合は、前々年の所得証明が必要です。)
ご夫婦それぞれの市・道民税証明(控除の内訳の記載があるもの)が必要です。
発行場所は各市税事務所納税課、札幌市役所2階税の証明窓口または札幌の各区役所戸籍住民課です。

ご夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であることが対象条件です。

助成の回数

平成28年度以降

39歳以下 通算6回までです
40~42歳 通算3回までです
43歳以上 助成対象外です

札幌市の場合

※札幌市以外の北海道の場合は、こちらをクリック

対象となる方

特定不妊治療以外では妊娠の見込みが極めて少ないと診断され、札幌市が指定する医療機関(セントベビークリニック)で特定不妊治療を受けていること。
法律上の夫婦(治療の開始時に法律上の婚姻をしている夫婦)であり、夫婦のいずれかが札幌市内に住民登録をしていること。
ご夫婦の前年の所得(1月~5月の間に申請する場合は前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。

治療開始時に法律上の夫婦であることを証明する書類

戸籍謄(抄)本(ご夫婦がともに外国籍の場合は婚姻証明書等の配偶者名を確認できるもの)

札幌市に住民登録をしている夫婦であることを証明する書類

住民票が必要です
発行日から3か月以内のものが有効です。
発行場所は各市役所、各区役所などです。

札幌市特定不妊治療費助成事業申請書

ここからダウンロードできます
申請者は、ご夫婦のどちらかです。
ご夫婦の住所が異なる場合は、それぞれの住所を記入します。

札幌市特定不妊治療費助成事業請求書

ここからダウンロードできます
請求者名は申請者名と同一です。
振込先の金融機関名・口座番号は正確に記入します。

札幌市特定不妊治療費助成事業受診等証明書

治療を受けた指定医療機関で記入してもらいます。

助成の手続き

これらの書類を持って札幌市不妊専門相談センターに行きます
対象となる治療に要した費用を最後に支払った日の翌日から60日以内に申請します。
郵送も可能ですが、書類の内容について確認があります。
〒060-0042札幌市中央区大通西19丁目WEST19ビル3階
電話:011-622-4500
FAX:011-622-7221

札幌市以外の北海道の場合

対象となる方

特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断され、実際に治療を受けている方のうち、次の1から4までのすべての要件に当てはまる方です。
ただし、同一の治療に関して他の都府県や政令指定都市、中核市から、同等の給付を受けた方又は受ける見込みの方は除きます。

1、夫婦のいずれか一方が道内に住所を有すること。
(札幌市、旭川市及び函館市を除く。)
2、法律上の婚姻をしていること。
3、知事が指定した医療機関(セントベビークリニック)で治療したこと。
4、夫婦の前年の所得(合計額)が730万円未満であること。
※所得とは、総収入金額から税法上の必要経費を引いた額(控除後の額)となります。

治療開始時に法律上の夫婦であることを証明する書類

戸籍謄(抄)本(ご夫婦がともに外国籍の場合は婚姻証明書等の配偶者名を確認できるもの)

北海道に住民登録をしている夫婦であることを証明する書類

住民票が必要です。
住民票(世帯全員分(記載事項の省略していない、発行日から3ケ月以内のもの))
発行場所は各市役所などです。

特定不妊治療費助成事業申請書

ここからダウンロードできます
申請者は、ご夫婦のどちらかです。
ご夫婦の住所が異なる場合は、それぞれの住所を記入します。

特定不妊治療費助成事業受診等証明書

ここからダウンロードできます
治療を受けた指定医療機関で記入してもらいます。

同意書A

ご夫婦の一方が他都府県・札幌市・旭川市・函館市にお住まいの場合に必要です。
ここからダウンロードできます

同意書B

平成16年4月1日以降に、他都府県・札幌市・旭川市・函館市から転入した場合に必要です。
ここからダウンロードできます

助成の手続き

居住地を所管する総合振興局・振興局保健環境部保健行政室・地域保健室(道立保健所)に行きます。
申請は治療が終了した年度内に、原則として1回の治療の終了毎にその治療が終了した日の翌日から60日以内に行います。
郵送も可能ですが、書類の内容について確認があります。
札幌市、旭川市及び函館市、その他の都府県・政令指定都市・中核市に住所を有する方の申請手続きは、各担当窓口に照会願います。

受付時間
10:00-13:00××
15:00-18:00××××

日曜の診療は午後16:00迄(受付15:30迄)です。午前の診療受付は12:30迄(火・木は12:00迄)です。

セントベビークリニックセントベビークリニック公式フェイスブックセントベビークリニック公式ツイッター

不妊治療専門クリニック|北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地 札幌時計台ビル1階