トピックス札幌不妊治療クリニックセントベビーからの新着情報や、
トピックスをお届けします。

  • HOME
  •  » トピックス一覧
  •  » 「いずれは出産」今から検査 不妊の要素、あらかじめ知り備える

「いずれは出産」今から検査 不妊の要素、あらかじめ知り備える

 いずれ子どもが欲しいと考える人たちの間で、将来の妊娠に向けて卵巣や精子の状態を調べる検査が注目されている。不妊につながる要素をあらかじめ知ることで、将来設計に役立てるという。晩婚化や「卵子の老化」という言葉の広がりが背景にあるようだ。

 ■卵子数の目安調べ、妊娠時期を考える

 不妊治療をしているIVF大阪クリニック(大阪府)に勤める30代半ばの女性は6年前、血液検査で、卵巣にある卵子数の目安となるホルモン値を調べた。

 将来は出産したいが、まだ独身で、結婚や妊娠時期の目安にしたいと思った。結果は同年齢の平均値より高く、「焦らなくてもいい。自然妊娠できるかも」と安心した。近く結婚する予定で、再び検査を受けたいと考えている。

 調べたのは、卵子の元になる細胞が含まれる卵胞から、発育過程で分泌される「AMH(抗ミュラー管ホルモン)」というホルモンだ。卵巣を摘出した42人の女性を調べた米国の研究では、手術前のAMHと卵巣に残っている卵胞の数に相関関係があった。

 出生時に約200万個ある卵胞は、思春期には20万~30万個に減り、閉経時にゼロに近づく。AMHの分泌も年齢とともに減る傾向だが、個人差は大きい。同クリニックの福田愛作院長によると、卵子が少なくても妊娠できるので、AMHは妊娠のしやすさでなく、不妊治療の時期や種類を選ぶ材料になる。公的医療保険の適用外で、費用は数千円~1万円程度が多い。

 超音波で子宮の形や筋腫の有無を確認したり、X線で卵管がつまっていないか調べたりする検査もある。福田さんは「妊娠に対する考え方を作るきっかけになる」と話す。

 30代後半の女性は、6年前に検査を受けたところ、ホルモン値が平均より低かった。「将来産めなくなるかもしれない」。卵巣を休めるため、数年間、低用量ピルを飲んで排卵を抑え、昨年結婚。半年近く自然妊娠せず、体外受精で妊娠し、来年出産する予定だ。女性は「知っておけば計画的に不妊治療を進められる一方、結婚は自分だけでは決められないので、焦ってしまう面もある」と振り返る。

 リクルートマーケティングパートナーズの赤すぐ総研が3月、3歳未満の子どもがいる女性約2300人に聞いたところ、「妊娠や出産ができるか医療機関で検査を受けた」と答えたのは15・5%で、14年の12・7%から増加した。大久保智子研究員は「卵子が老化するという知識が女性の間に広まり、医療機関へのハードルが下がっているのでは」と分析する。

 妊娠には卵子の「質」も重要だ。東京大の大須賀穣教授(産婦人科)は、「体外受精では35歳を過ぎるころから妊娠率が急激に低下する。卵子の老化が大きな原因」と指摘する。卵子の老化は、加齢で染色体やミトコンドリアなどに異常がたまって起こると考えられている。ただ、はっきりした指標はなく、研究を積み重ねる必要があるという。

 ■スマホで精子チェックも

 不妊の約半数には男性が関係すると言われる。「まず精子が正常かを調べたい」という要望に応えるため、獨協医科大越谷病院(埼玉県)では今春から簡易検査を始めた。精液を採取して、精子の濃度や運動率を調べるほか、触診や超音波検査で、精子をつくる働きに影響する精巣の静脈のこぶ「精索(せいさく)静脈瘤(りゅう)」の有無も調べられる。同病院泌尿器科の岡田弘教授は「子どもが出来にくい可能性がみつかれば早めに男性不妊の治療につなげられる」と指摘する。

 最近は、スマートフォンのカメラで精液を撮影し、精子を観察できるキットも販売されている。カメラに専用のレンズを取り付け、プレートにのせた精液を拡大して見る。精子の濃度や運動率の計算もできるという。男性50人の精子の濃度について、スマホで調べた結果と、医療機関の解析結果を比べると、7~9割が同じ判定だったという論文が今年、国際的な専門誌に発表された。

 スマホだけで男性不妊の可能性は判断できないが、岡田さんは「自分で調べて関心を持つことで、受診のきっかけになる」とみる。

出典:朝日新聞

受付時間
10:00-13:00××
15:00-18:00××××

日曜の診療は午後17:00迄(受付16:30迄)です。午前の診療受付は12:30迄(火・木は12:00迄)です。

セントベビークリニックセントベビークリニック公式フェイスブックセントベビークリニック公式ツイッター

不妊治療専門クリニック|北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地 札幌時計台ビル1階